整形外科学的考察を行うブログ

The Bone Identity ~整形外科医の日常~

整形外科医による日々のつぶやきです.

過敏性肺炎 白血球,CRPの上昇を伴うか

2018年8月19日

 

 前日木材保管の作業場で粉塵吸入後からの発熱,呼吸苦を主訴に救急外来を受診した患者さんを診察しました.

 Room airでSpO2低下はなく聴診でラ音や単純X線写真,CTで肺野に異常陰影は認めません.

 しかし血液検査で白血球が16000程度,CRPが12まで上昇していました.

 

 問診では毎回作業後から軽度の倦怠感や咳症状を自覚していたが,今回は症状が強かったこと.

 防塵マスクを着用しているが,鼻腔や痰にすすのような黒いものが付着しているとのことでした.

 

 気管支肺炎や環境曝露からの過敏性肺炎を想起しましたが,画像所見を伴わない過敏性肺炎に炎症反応上昇があるか疑問でした.

 

症例報告ですが,過敏性肺炎の原因物質の暴露後に発熱や白血球,CRP上昇をきたした報告がありました.

f:id:tmlucky8:20180819205406p:plain

(石黒ら,日呼吸誌. 2012. 1.(1). 67-72.)

 

こちらは画像上の異常陰影を認めており,曝露からの回避で診断可能でした.

 

自分の経験した症例も安易に抗菌薬を処方せず安静にして経過観察という選択をしましたが,診断があっていることに期待ですね.