〜ながら,整形外科を目指す

諸事情で回り道をしながら整形外科専門医を目指している医師のブログです.医学,語学,資産形成,コーヒー,EDM,スポーツが好物です.

胸腔ドレーン エビデンス

癌性胸膜炎による滲出性胸水でドレーン留置中の方がいます。

雑誌intensivistを参考に、現在のエビデンスをまとめました。備忘録です。

 

○径

軽症気胸20Fr
状態不安定,人工呼吸中の気胸24Fr,
胸水8-16Fr,
膿胸20Fr以上,
血胸28-32Fr


◯抜去基準 エアリークが存在しないこと,排液が十分減少していること
・エアリーク:水封で24時間観察が一般的 クランプテストはエビデンスなし,3時間水封では気胸が出現/拡大する場合がある
・排液:漏出性/悪性胸水,膿胸のドレナージ終了基準のエビデンスはない,外傷と胸部手術後では200ml/dayの排液量がドレーン抜去の基準となる
膿胸では排液50ml/日以下,色調が澄んだ黄色,排液に含まれる沈殿物の量が5ml以下となった場合に抜去を検討すると成書に記載あり.
・抜去方法に関して明らかなエビデンスはない


◯再膨張性肺水腫
頻度1%程度,死亡率は20%程度とされる
危険因子:若年者,長期間(4日間以上)の肺虚脱,高度の気胸,1−1.5L以上の急激なドレナージ
排液の量,および速度との関連は証明されていない.

 

癌性胸水に関しては排液量が抜去基準になるのでしょうが、自分は一度クランプテストをしてみました。翌日にはみるみる胸水がたまり、いずれ癒着療法かなと思っています。