整形外科学的考察を行うブログ

The Bone Identity ~整形外科医の日常~

整形外科医による日々のつぶやきです.

医者の株式投資 VTIについて 〜自身のポートフィリオをもう一度考える〜

投資してわかる気づき

何事もチャレンジすることでみえる気づきがあると思います.

 

自分もえいやっと投資の世界に昨年から踏み込んで,世界が変わりました.

経済って面白い

政治,世界情勢で株価,為替が変わることを肌で実感できる.

 

そんなメリットがあると思います.

 

投資信託で資産形成していますが,初めはわけがわからないので,ブログや書籍でオススメの銘柄を調べて投資していました.

今日から自分のポートフィリオ見直しを兼ねて,銘柄について調べてみます.

 

ETFについて

ETFとは“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています

個別銘柄ではなく,株式だけでなく債券,REIT(リート),通貨、コモディティ(商品)の指数に連動する投資信託です.

個別株投資ほど値動きが少なく,市場全体に平均的に投資できるで連動する指数が上昇すると見込める場合には非常に有効と考えられます.

アメリカのETF運用会社3強はバンガードとブラックロックとステートストリートです。ブラックロックやスパイダーなどで最も売れているETFはS&P500連動ETFです.

 

私は現在ETFはVTIとVTを積立で購入しています.

ETFを購入するのに重視する項目として

1.出来高が大きい,純資産額が大きい

2.売買代金が高い

3.信託報酬が安い

があります.

orekabu.jp y0

VTIについて

米国上場ETF全体で見てもS&P500連動のSPY、IVVに続く3番目の純資産とされます.

 VTIは正式名称を「バンガード・トータル・ストックマーケットETF」と言います.

 

いわゆるキャピタルゲインインカムゲイン(値上がり益と分配金利回り)の両方が望めるためオススメの銘柄となっています.

連動指数はCRSP USトータル・マーケット・インデックス(同インデックス)に連動した投資成果を目指すものです.

同インデックスは米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーしています.

市場全体に投資することができると考えられますね.

 

VTIのチャートと配当

f:id:tmlucky8:20180902154902p:plain

https://jp.reuters.com/investing/stocks/chart/VTI

リーマンショックで値下がりしています,それ以降は右肩上がりで上昇していることがわかります.

2018年9月2日時点での数値はこのようになっています.

f:id:tmlucky8:20180902155034p:plain

ベータ値:市場全体(つまり株価指数)に対する、各個別銘柄の株価の感応度をいいます。つまり、日経平均株価やTOPIXといった株価指数が1%動いたとき、個別銘柄が何%動くかを示したものです。

media.rakuten-sec.net

f:id:tmlucky8:20180902155730p:plain

2018年9月2日時点

純資産総額も問題なく,分配金は年4回,利回りは1.59%でした.

 

銘柄

f:id:tmlucky8:20180902161059p:plain

2018年9月2日時点 https://finance.yahoo.com/quote/VTI/holdings?p=VTI

2017年の保有銘柄は下記とのことで,若干比率に変更が加えられていることがわかります.

f:id:tmlucky8:20180902161217p:plain

https://www.americakabu.com/entry/vtiより

 

手数料

VTIの取引には「株式売買手数料」と日本円を米ドルへ両替する際の「為替手数料」の2種類の手数料がかかります.

私はSBI証券を利用していますが,NISA口座で海外ETFを取引する場合,株式の買付手数料が無料になります.

そのためドルコスト平均法で定額積立の設定にしていても,手数料で元本割れするリスクを下げることができるでしょう.

f:id:tmlucky8:20180902161643p:plain

 

 

CRSP USトータル・マーケット・インデックスとは

あまり聞き慣れない指数かと思います.

米国株式市場に上場する大・中・小型株式、約4,000銘柄から構成される時価総額加重平均型の株価指数です.米国株式時価総額の約100%をカバーしています.

アメリカの株価指数としては,NYダウやS&P500などが有名ですが,それらの指数は大型・中型株式しか含みません.それに対して,本指数は小型株式を含み,分散性が高い点が大きな特徴です.

investment-by-index-invest.com

こちらの記事を参考にするとこれ1本で米国全銘柄に投資するのと同等なので,安定した結果がでるのも納得です.

 

各投資家が推奨するようにVTIを購入することで安定したキャピタルゲインと,インカムゲインが達成できると思います.