整形外科学的考察を行うブログ

The Bone Identity ~整形外科医の日常~

整形外科医による日々のつぶやきです.

救急外来で骨折を疑ったときの整形外科へのコンサルテーション テンプレート

 

結論から書きます

“●●に骨折があると思います,宜しくお願いします.”

 

救急外来における整形外科コンサルテーションは上記で終了です.笑

 

逆に,内科的なコンサルテーション.

いわゆる,“病歴はこうこうで,こういう所見があって,こういった鑑別も考えたのですが,こうかと思いましたので一度先生に御高診をお願い致します.”

というものは一切不要です.(私見

もちろん

病歴

 いつ,どこで,どういう状況で,何をしている時に発症(受傷)

所見

 歩行できる,圧痛部位は,変形,腫脹,神経・感覚障害の有無

画像

 単純X線写真,迷ったらCT検査

 

をやるのは必須です.しかし,それを一から十まで電話で伝えなくていいです.

感覚障害,神経障害,開放骨折,脱臼があれば,伝えればいいです.

 

なぜか

①整形外科医は基本的に忙しい

②体育会系,短気が多い

③自分で画像をみた方が早い.

 

などなどの理由があります.

なので遠慮せずコンサルテーションしてください.

その際,最低限の骨の名称,部位などは伝えるようにしましょう.

 

コンサルテーションテンプレートです.電話の際はこれを簡略化してください.

整形外科 外来担当先生 侍史

#1.●●の疑い
#2.(その他の既往歴)

平素より大変お世話になっております.

●月●日●●で受傷された方です.

■■(手関節,膝関節,足関節などざっくり)に疼痛があり,単純X線写真で

☓☓骨の近位or遠位,(±掌側or背側,足底or足背)に骨折を疑いました.
貴科的にご高診,ご加療いただけましたら幸いです.

お忙しい中大変恐縮ではございますがよろしくお願いいたします.