〜ながら,整形外科を目指す

諸事情で回り道をしながら整形外科専門医を目指している医師のブログです.医学,語学,資産形成,コーヒー,EDM,スポーツが好物です.

慢性腰痛 薬物治療について

現在慢性疼痛についての治療方法を検討中です.

慢性疼痛の機序として下行性疼痛抑制系が知られている.

 

下行性疼痛抑制系とは

一方、脊髄よりも上位にある脳幹部から脊髄後角に下行し、痛覚情報の中枢神経系への入り口である脊髄後角で痛みの伝達を抑制する「下行性疼痛抑制系」がヒトの神経系には存在しており、中脳や延髄のオピオイド受容体が活性化されると、この下行性疼痛抑制系が作動します。

(日本ペインクリニック学会)

下行性疼痛抑制系を活性化する薬剤として

オピオイド抗うつ薬,ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液

などが存在する.

その中で,,

抗うつ薬

脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンおよびセロトニンを増加させることにより、下行性疼痛抑制系を賦活することで鎮痛作用を発揮すると考えられている.

 

今まで抗うつ薬ということで使用することに抵抗感があり使用していませんでしたが,治療選択肢を増やすという意味で積極的に使ってみようと思います.